社会人のみなさまへ
トップページ > 社会人のみなさまへTOP > 社会人入学をされた方からのメッセージ

在学生のみなさまへ

学科一覧

  • 国文学科
  • 総合教養学科
  • 幼児・児童教育学科 児童保育コース
  • 幼児・児童教育学科 福祉介護コース
  • 幼児・児童教育学科 児童教育コース
  • 専攻科福祉専攻

國學院大學北海道短期大学部携帯サイト

右のQRコード
から携帯サイト
へアクセス!

國學院短期大学

●入試広報室 入学係

〒073-0014
北海道滝川市文京町3丁目1-1
TEL.0125-23-4111
FAX.0125-23-5590

社会人入学をされた方からのメッセージ

 文学や日本の歴史、法律、哲学を学んでみたい。「介護福祉士」「保育士」「幼稚園教諭」「小学校教諭」「中学校教諭」などの資格を取得したい。
 社会人として、さまざまな経験があるからこそ、しっかりした目標や目的を持って、学べる喜びを実感できる。
  本学では多様な学びのシステムで、社会人の方の入学を積極的に受入、サポートを行っています。


子どもたちの将来に生かせる勉強をしたい
総合教養学科 Yさん(30歳代)
 私は滝川市内に住む2児の母親です。これからの時代を背負っていく子どもたちが、自分の将来に目標を持ち、達成するためには何が必要で、私たち大人はどのように教え、支援していくことができるのかを学びたいと思い入学しました。
 高校を卒業して就職し、その後結婚し専業主婦となりましたが、子ども達の成長と共に、自分も成長していかなければ疑問に答えてあげられないと感じました。
 新しい知識を得ることはたいへんですが、これからの自分と子どもたちの将来に生かせる勉強をしたいと思っています。
 
今こそ「チャンス」です
総合教養学科 Eさん(60歳代)
 学校には明るく元気な挨拶の声。屈託のない笑顔の青年たちと机を並べ、新しいことに出会う毎日に、生きる元気がますます膨らみます。ほとんどの授業は30人前後の学生数で、先生方との距離は近く授業も人間味が加わって、あたたかな雰囲気ですすみます。
 宿題やテストには毎回四苦八苦。「人生に四苦八苦はつきもの、今が頑張りどころ」と自らを鼓舞して臨むものの、数分前に調べた英単語の意味が思い出せず、繰り返し、繰り返し辞書をひいています。
 「鉄は熱いうち打て」とあります。一日でも若いうちに、熱い情熱が冷めないうちに、打ち応えのある今こそ「チャンス」です。
 
アットホームな雰囲気で学ぶことができます
幼児・児童教育学科 児童教育コース Kさん(30歳代)
 入学当初は年下の学生たちとうまくやっていけるか不安でしたが、入学直後の宿泊研修や学校祭などコミュニケーションを深められるイベントも多く、毎日楽しく学んでいます。同じ学年には、社会人入学をして学んでいる方も何名かいて心強く思っています。
 児童教育コースは小学校教諭の免許を取得するためのコースで、教員を目指す人にとって、たいへん有利なカリキュラムになっています。講義は少人数で行われることが多く、先生と学生の距離が近く気軽に相談できるアットホームな雰囲気で学ぶことができます。
 
短大での学びは、将来の自信に繋がると思います
専攻科福祉専攻 Jさん(20歳代)
 私は保育士資格を取得し福祉施設で勤務していましたが、いつも『介護とは何か?』と自問自答していました。 仕事や家事、子育てと日々忙しく過ごし勉強から遠ざかっていた時『介護福祉士』の資格が取得できる事を知りました。主人も快く背中を押してくれ、両親にも日々支えられ学業に専念する事が出来ています。 3人の子どもを育てながら学業の両立も大変な事もありますが、現場で経験した事を改めて『基本』に戻り考え、その根拠や介護の必要性を深く学ぶ事が今一番楽しいです。  短大で学んだ専門的知識や、倫理観等は私の将来の自信に繋がり、春の就職にも活かせると思います!
 
介護の根拠を知ることで、お互いの負担が減ります
専攻科福祉専攻 Iさん(70歳代)
 ホームヘルパーの資格で長い間介護の仕事をしているうちに、介護の根拠について学びたいと思うようになりました。介護について深く学び根拠を知ることで、家庭において介護をされる側もする側も、身体的、精神的な負担の軽減につながります。また、介護福祉士を必要としている施設もたくさんあります。
 孫のような若い世代のクラスメートに支えられ元気をもらいながら、今自分のために時間を費やすことができる喜びを感じています。一年間は、あっという間に過ぎてしまいます。残された期間の学びを大切にして、卒業後に生かせるようにと考えています。