國學院大學入学案内2020
41/64

アメリカの学生に刺激され、積極的に学ぶ気持ちがさらに芽生えました。子どもの主体性を重視したユニークな教育法に出会いました。物怖じしないディスカッション。その姿に圧倒されました! アメリカのスポーツ教育を学びたくて研修に参加しました。私は幼い頃からずっとサッカーをやってきたので、将来は高校のサッカー部で指導するのが目標です。 スプリングフィールド大学の学生と同じ講義に出席して衝撃を受けました。授業は、テーマについて先生と学生が熱心にディスカッションするという形式で、どの学生も物怖じすることなく生き生きと自分の意見を話すのです。その姿に圧倒され、いつも受身だった自分を反省しました。編入学試験やその先の採用試験。夢の実現に向けて積極的に頑張ります! 3週間の研修期間中は大学の学生寮で生活し、現地の学生と一緒に行動しました。朝6時半には大学内のジムが開くので、そこで筋トレをした後、学生食堂で朝食を摂り、授業へ。図書館は24時間オープンのため夜になっても、たくさんの学生が勉強していました。時間を有効に使い、能動的に生きる。現地の学生のそうした姿に刺激を受け、もっともっと積極的に行動しなければと痛感しました。 今年は編入学に向けて正念場の年。國學院大學の健康体育学科へ進んで高校教諭の資格が取れるよう、積極的に取り組むつもりです!チャイルド・ディベロップメント・センターの授業にとても興味がありました。 昔から子どもが大好きで、英語も大好きだったので、保育英語が学べるこの短大に入学。アメリカでの幼児教育を体験したかったので、海外研修に参加しました。スプリングフィールド大学にはチャイルド・ディベロップメント・センターという幼児教育施設があり、そこで実際の幼児を対象に行われている授業を見てみたかったのです。レッジョ・エミリア・アプローチに感動。将来の目標もみつけました。 授業で最も印象的だったのは、レッジョ・エミリア・アプローチという教育法。これは、子どもの主体性を大切にして感性を育むことを目的にしたもので、例えば子どもが大人用のハイヒールを履いて走り回っても「危ないからダメ!」とは言わず思うとおりに行動させる。体験の中から何が危険なのか、どう対処すれば良いのかを学ばせるわけです。でも、ただ自由にさせるだけではなく、お片づけの時間には音楽をかけて楽しみながら片付けさせるんですね。 日本でもいくつかの施設で取り入れられているようなので、海外研修の成果を活かすためにも、将来はレッジョ・エミリア・アプローチを取り入れた幼児教育施設で働いてみたいという目標ができました。幼児・児童教育学科 幼児保育コース石川 友理 さん 高等学校卒業程度認定試験幼児・児童教育学科 児童教育コース荒川 翔 さん 旭川永嶺高校出身Guide book 40

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る