國學院大學入学案内2020
37/64

実習は未来につながる体験 本コースでは、保育士資格・幼稚園教諭免許状取得に必要なものとして障害者支援施設等で行う施設実習、保育所等で行う保育実習、幼稚園等で行う幼稚園実習という三つを設けています。それぞれ内容や準備は異なりますが、いずれも現場での貴重な体験となるものです。 実習での体験は、今の自分には何ができて何ができていないのか、これからどうなっていきたいのかを確認するような、未来につながる体験でもあります。みなさんにも、実習での出来事を嬉しそうに話す顔を見せて欲しいと思います。教授 田中 一徳●スポーツ演習A・B●体育の基礎●健康科学●レクリエーション理論●レクリエーション実技●野外体験●留学・海外研修等による単位認定科目 他 特任准教授 松村 澄絵●保育原理Ⅱ●保育内容総論●教育課程論●教育方法論●児童文学●特別支援教育論助教菅原 健太●教育相談●教育原理●保育相談支援●保育制度論●日本語の基礎 ●保育実習指導Ⅰ 他子どもたちの元気と楽しさを創造する 体育の基礎では、伝統的な運動遊びや自然体験活動を実践します。またレクリエーションの授業では、楽しむことは勿論、チャレンジする力、協働する力、やり抜く力、新しいことを受け入れる力など実践を通して学びます。「楽しさをとおした心の元気づくり」を目的としたレクリエーションは、都市化された現代社会には欠かせない要素です。アイスブレーキングや室内ゲームなどのスキルは、子どもをはじめ社会人、高齢者など人間関係のあるどんな場面でも必ずや力を発揮することでしょう。「おはなしカーニバル」の紹介 地域社会との連携を通して、子どもたちがより豊かな体験や資源を活かしていけるように、なかそらち図書館ネットワーク推進事業と幼児・児童教育学科2年生たちが協働しながら、子どもたちの記憶の中に楽しい思い出として残る経験を提供する授業を展開しています。2019年は11月に「おはなしカーニバル」を開催予定です。 学生たちは、人形劇やリズム遊び、各シアターなどの実技活動から協働の大切さ、具体的な保育の方法、地域社会との連携のあり方を学ぶ場になっています。また、このような経験は実習や就職してから大いに活かすことになるのです。兼任講師講 師干場 良光講 師前多 康子講 師細矢 千鶴講 師中山 美知子講 師青木 優博講 師川嶋 千永子講 師田中 冬子講 師寺田 有希講 師秋元 彩香講 師加藤 聖子講 師宮永 美都子講 師上内 祐子講 師棚橋 裕子「どろだんご作り」泥にふれて五感を使い、子どもと一緒に楽しく遊ぶ方法を学びます。「手作り絵本」工夫を凝らして世界に一冊だけの「手作り絵本」を作り上げます。「押し花」押し花で「暑中見舞いハガキ」を制作して友達に送りました。「はる展」滝川市美術自然史館で、授業で制作した「手作り作品」を展示します。幼児・児童教育学科 幼児保育コースGuide book 36

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る