國學院大學入学案内2020
23/64

各専門分野をフレキシブルに学び、社会人としての総合力を育む 「法学を学びたいけれど、経済学にも興味がある」「どの学部にするか、今の時点ではなかなか決められない」。みなさんの中には、そんな迷いや不安を抱えている人もきっと少なくないことでしょう。 総合教養学科には、「外国語文化」「哲学」「法学」「経済学」などの多様な専門分野があり、興味を持った科目を自由に選択して学ぶことができます。卒業後に就職を目指す人も、編入学を希望する人も、2年間の中で「お試し期間」のようにフレキシブルに学び、進路を決めることが可能なのです。 また、将来、社会人として活躍していくためには専門分野以外の教養や知識も不可欠。物事をさまざまな角度から見て考える能力が求められています。本学科では、多角的な視野の育成の一環として、各専門科目の教員が連携し同じテーマで行う授業も開講しています。個々の進路や興味に応じて、多様な科目が選択できる 一人ひとりの将来的な進路をバックアップするため、本学科では科目選択のモデルケースを「ユニット制講義」として採用しています。 例えば、卒業後に就職をめざす場合には、全員が受講する必修科目の他に社会人としての基礎力を養成する科目をプラス。また、國學院大學への3年次編入学をめざす人には、それに対応した科目や教養として身に付けておきたい分野の自主選択科目を用意しています。 編入学においては、取得した専門分野の単位が全て認められるシステムになっていますから、興味を持ったことを安心して存分に学んでください。ゼミを通して基礎力を養い、専門力・応用力を磨く 高校までの「与えられる授業」とは異なり、大学では自ら学びたいテーマを持って調査、研究、発表することが学びのスタイル。そしてこれは、将来、社会人として活躍する上でも重要な姿勢となります。 本学では、1年次から必須科目にゼミナールを設け、2年間を通して専門分野での学びを深めていきます。1年次のゼミナールⅠでは、「読む、書く、話す」という基礎力を身に付けるため、レジュメの書き方、資料の調べ方、討論の方法、話し方など、自らが学んでいくための基本を学びます。 2年次のゼミナールⅡは、ゼミナールⅠで身に付けた基礎力を土台に、各専門分野においてそれぞれ身近なテーマを題材とした活動や研究を行い、その成果を「研究発表会」で全教員や学生に発表します。この発表内容は、『たきかわぶれてぃん』に収録されます。将来に不可欠な「情報スキル」も修得 卒業後に就職する場合にも、編入学の場合にもパソコンのスキルは不可欠なもの。本学では、そのスキル向上のための科目を充実させています。 教養科目の「パソコン」「パソコン演習」「情報処理論」に加え、コンピュータ情報処理やプレゼンテーション、情報解析、ウェブデザインなどを履修し、多様な場面でパソコンを活用する能力を身に付けます。就職、編入学。一人ひとりの希望をしっかりとバックアップ! 「中学校教諭二種免許(英語)」「図書館司書」、卒業後に一般企業へ就職をめざす人のための「ビジネス実務士」「情報処理士」「簿記検定」の資格取得にむけてバックアップ体制を整えています。 編入学についても各学部学科に対応する専任教員が個別に指導やアドバイスを行っています。また、編入学後の学習や生活についても相談に応じており、みなさんが安心して編入学に取り組めるようサポートしています。 総合教養学科編入学73名2019年4月1日現在総合教養学科経済学部経営学科11名経済学部経済学科24名文学部外国語文化学科13名文学部哲学科11名経済学部ネットワーキング学科11名進路決定率 100.0%2019年4月1日現在総合教養学科國學院大學 編入学 76.0%その他進学14.6%その他(就職活動中など)3.1%就職/公務員・一般企業6.3%神道文化学部神道文化学科3名DATA卒業生進路データ取得できる資格●中学校教諭二種免許(英語) ●図書館司書 ●ビジネス実務士    ●情報処理士 ●レクリエーション・インストラクター ●社会福祉主事(任用資格)國學院大學編入学で取得できる資格●中学校教諭一種免許 (英語・社会)●高等学校教諭一種免許 (英語・地理歴史・公民)バックアップ資格・検定●TOEIC Bridge  ●日商簿記検定 ●秘書検定進 路四年制大学編入学Guide book 22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る