國學院大學入学案内2020
2/64

Message from Professor 本学では少人数のグループ制を生かし、担当の教員が一人ひとりに合わせた指導をしています。全員が他の学生の前で「模擬授業」を経験して実践力を高め、ゼミナールでは徹底した「教員採用試験対策」を行い高い合格率を誇っています。 また、地域との連携で近隣小学校での放課後「学習指導ボランティア」、宿泊学習「指導サポート」経験や周辺の環境を生かした田植え、収穫したお米で餅つきをする「稲作体験」、「カヌー体験」など実体験を通して、子どもたちに「楽しく学ぶ」を伝える力を身に付けます。教員を目指すなら國學院平成30年度教員採用試験 合格者3名(1次試験合格者27名)目標を叶え、地域で活躍する卒業生釧路町立遠矢中学校国文学科卒業小野村 凜 さん 釧路北陽高校出身 私の授業では国語概説、国語科指導法など国語の教科を中心に指導しますが、その他、教職に必要な教育方法、生徒指導、教育相談、教育課程論などの授業も担当しています。教職に必要な単位を取得すると、卒業時に中学校教諭二種免許状(国語)が与えられます。 1年生は後期から、2年生は通年で卒業論文作成にかかわるゼミを行っています。 このゼミでは国語科教育を中心としつつ、教育全般についての様々なテーマ、課題を取り上げ、ゼミのメンバー全員で意見交流を行い、教育に対する知識、理解を深めていきます。これまでの学校生活を通して生徒として授業を「受ける立場」から、生徒を「理解し指導する立場」へと意識を変え、生徒とともに成長する教師の育成を目指しています。そのため、教員採用試験に向けての具体的な対策についても触れながら、一人でも多くの学生が教師としての道を歩むことができるよう指導、助言を行っています。今年の春卒業のゼミ生の一人は、平成30年度の北海道教員採用試験で二次試験にも合格し、31年度から正規の教員としてスタートしました。来たれ!教師の道へ[国文学科] 秋山 晴人 准教授●北海道1次合格者19名●札幌市1次合格者5名●神奈川県1次合格者1名●横浜市1次合格者1名●東京都1次合格者1名教育実習を経験した事で、中学校教諭という目標が定まりました。家族以外の人々と親しくなれたのは、少人数という環境のおかげでした。 私が生まれ育った釧路は寒いけれど雪の少ない地域なので、滝川の雪の多さにびっくり。でも、アパートの大家さんがいつも雪かきをしてくれたので、困ることはありませんでした。 親元を離れ、初めてのひとり暮らしでしたが、先生や友達が勉強面でもプライベートでも親身になってくれたので、寂しさや不安もなく過ごせました。家族以外の人達とこんなに親しくなれたのは、少人数の短期大学ならではだと思います。浪人覚悟で受けた教員採用試験。先生方のサポートで無事合格できました! 入学当初は高校教諭の道も考え、國學院大學への編入学をめざしていました。でも、中学校での教育実習で生徒と接するうち、中学校教諭になりたいという思いが強くなり、教員採用試験一本に絞りました。早くに教育現場へ出れば、教師としての経験を多く積めますからね。 そうは言っても教員採用試験は難関。浪人も覚悟していました。ところが意外にも一次試験通過の知らせが来て、慌てて二次の面接試験対策に取り掛かりました。短大の先生方に模擬面接を何度もしていただき、おかげで採用試験に無事パスすることができました。「良い先生だったよね」と思い出して貰えるような教師になりたいです。 教師になろうと思ったきっかけは、中学時代に国語の先生に憧れたから。教え方も上手で、生徒一人ひとりに目を向けてくれるとても素敵な女性でした。今でも良い先生だったなぁと思い出します。まだ教師の道を歩み始めたばかりですが、私もそんなふうに生徒に思い出して貰えるような教師をめざし、精いっぱい頑張っていきたいです。1 Guide book

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る